azmiagent.com

メインメニュー
オンラインショップ

あざみ通信
グッズ販売
あざみエージ... (2016-12-22)
あざみエージ...
トピックス

アルバムトップ : admini Total:9

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

1 番~ 9 番を表示 (全 9 枚)



松本衆司詩集『涙腺の蟻』

松本衆司詩集『涙腺の蟻』高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみの会会員の本    前回更新2015-9-15 11:26    
ヒット数854  コメント数0    
松本衆司の第八詩集。
表題の「涙腺の蟻」を含む詩・25編を収録。
人生には、少し歩みをゆるめて自分自身を
見詰めなおす時期が必ずある。
生きてあることの意味をおだやかにやさしく
問いかけてくる詩篇に、読者も秋の陽ざしの
中でしばし立ち止まる。


  祖父の死後
  その里には骨肉の争いが残った
  大人によって断ち切られた
  少年の里への愛着が
  行き場を失い
  ことばにできない
  悲しみが立ちこめた

  今
  認知症の
  父を連れて
  蒟蒻工場に占拠され
  荒れて変わり果てた村を
  行く

  きっと 里も
  秋を深めていることだろう……
  その風景が
  父とぼくの心に
  手をつなぐように
  結びついている
             「父を連れて」より抜粋
 

************

A5判・並製本・112ページ
発行・ ひかり企画
定価・ 1,700円 + 税 

ご購入はこちら → オンラインショップ 

川柳●アンソロジー 月の子

川柳●アンソロジー 月の子高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみの会会員の本    前回更新2013-7-11 13:08    
ヒット数2842  コメント数0    
月の子会」会員による合同句集。

月の子抄 … 会員の80句

新月抄  … 会員の連作16句

月華抄  … 時実新子の月80句抄出
       川柳大学・朝礼を抄出

月の子会会員(阿川マサコ・石井陶子・関おもと・髙橋澄子
寺岡祐輔・七尾美千子・目白百代・望月こりん)それぞれの
96句は読み応え十分。加えて時実新子の月の句、各章の中扉を
新子自筆川柳が飾り花を添える。
表紙絵には時実新子の未発表イラスト「青い鳥」を使用、
白地に地模様のように浮き上がるデザイン。

◆◆お買い上げの方全員に、月の子会オリジナル栞
  (新子作「青い鳥」イラスト入り)を差し上げます◆◆

*******

川柳●アンソロジー 月の子

体裁:A5判・フランス製本・120ページ
発行:月の子会
制作:あざみエージェント
頒価:1,500円(税込)

ご購入はこちら → オンラインショップ

『新子の川柳ライブ塾』 (川柳大学事務局刊)

『新子の川柳ライブ塾』 (川柳大学事務局刊)高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみの会会員の本    前回更新2013-3-13 8:48    
ヒット数3108  コメント数7    
「川柳大学」に掲載された時実新子さんの川柳教室の実況中継「新子の川柳ライブ塾」

10回分を一挙掲載。併せて川柳大学十周年インタビュー「時実新子に聞く」2回分を

収録しました。時実新子さんとお教室の生徒さんたちのやりとりが生き生きと楽しく

再現されていて、新子さんの的確なコメントは川柳創作のヒントがいっぱい。

読み物としてだけでなく川柳のテキストとしていつも手元に置いておきたい1冊です。

定価 1200円+税

豊島文香句集 『愛惜』

豊島文香句集 『愛惜』高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみの会会員の本    前回更新2012-4-11 13:58    
ヒット数5962  コメント数5    
 断崖を背に、波打ち際まで軒を連ねる漁村に生まれ、
いつかこの村を出て行こうとずっと思っていました。
 そして今、取り壊される刻を待つ主亡き生家が、奥羽
湾の夕日に染められています。その光景は、愛惜の念と
なり、生涯消えることはないでしょう。
                  (豊島文香)

浜痩せて枯れはまなすの骨を焚く

さくらさくらひとひらごとの果たし状

遠目にはおだやか過ぎる海だった

世間体という哀しき昼花火

あるはずの桔梗の郷はどこですか

月光の真下に浮かぶ方舟よ


******************

豊島文香句集『愛惜』

B6判・ハードカバー・116ページ
発行 : 柳都川柳社 2009年刊
頒価 : 1,200円(税込)

ご購入はこちら →オンラインショップ入口                  

シンデレラの斜面

シンデレラの斜面高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみの会会員の本    前回更新2011-10-13 8:10    
ヒット数4502  コメント数7    
泉紅実句集『シンデレラの斜面』

その女の子は、ひときわ細く長い触角を持って
生まれてきた。
それは「世間」を生きるには辛いことであったが、
逃げることなどできない。だから、臆病な生きものが
木の洞に木の実をためるようにして五・七・五を
綴りつづけた。
そして二〇〇三年、彼女はこころの斜面をずずっと
滑り下りて、私たちのドアを叩きに来た。しなやかな
触覚で見つけ出した、たくさんのことばを抱えて。
私たちは、川柳の未来を少し信じていいのかもしれない。
                  (峯 裕見子)

  ぼんやりと亀と校歌を聞いている

  わがままでいよう木綿のワンピース

  想う人あり美しい鉋くず

  どうにでもなれ逆光の始球式

  借景や長生きはかなしいですか

******

泉紅実句集『シンデレラの斜面』

四六判・ソフトカバー・108ページ
発行 : 詩遊社
定価 : 1,500円+税

ご購入はこちら → オンラインショップ

竹井紫乙句集 『ひよこ』

竹井紫乙句集 『ひよこ』高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみの会会員の本    前回更新2011-4-5 8:50    
ヒット数4109  コメント数6    
竹井紫乙句集 『ひよこ』

  弟を待つ共食いをする為に

  虫ぽとりさびしかったねあの枝は

  旅人と同じ目線で見る家族

  ゆっくりと正しく歩く嫌われる

  ハイ着地大して飛べてなかったな


(竹井紫乙の川柳は)妙に明るく清らかで、バリアフリーのようでいて

玉子の殻はかなり固い。ひよこになってもやさしくて強靭な金網を

張りめぐらせている。つかまえようとすると逃げ、そっぽを向くと

手のひらに乗っかっている。

―(中略)― ぐいぐいと読者を引っぱり込む不思議。

竹井紫乙は物の怪姫かもしれないぞ。
                    (時実新子)

*********

竹井紫乙句集『ひよこ』
B6判・ハードカバー・156ページ
発行 : 編集工房 円
頒価 : 2,000円

ご購入はこちら → オンラインショップ

泣いていいよ。

泣いていいよ。高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみの会会員の本    前回更新2010-5-7 8:38    
ヒット数6990  コメント数16    
松本衆司掌詩集Ⅱ『泣いていいよ。』

空には/鏡がある/空には/色がない

なので

時々の/模様を浮かべて/影をおくる

空には

いのちを運ぶ/時間がある
             (「空には」より)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

松本衆司掌詩集『泣いていいよ。』
A4変形版・カラー・20ページ
発行:ひかり屋
定価:800円+税

ご購入はこちら → オンラインショップ

松本衆司詩集 『水の星の掌詩集』

松本衆司詩集 『水の星の掌詩集』高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみの会会員の本    前回更新2010-4-21 9:24    
ヒット数4463  コメント数4    
松本衆司詩集 『水の星の掌詩集』


猫の話を聞いた/星がひとつ流れた

貝からできた絵の具で/猫の目を描いてみたい
と、あなたは言った

待っていたのに/ずっと待っていたのに
贅沢だといわれる愛が/はがされて/消えていく

猫の目は/星の絵の具でできている
と、あなたは言った

遠くで/愛をなくした/あなたをほしがっている
そんな猫がいることを/その日聞いた

              (「猫の話」より)

*****************

松本衆司詩集 『水の星の掌詩集』
B6変形版・ソフトカバー・カラー・48ページ
定価:1,000円(税込)

ご購入はこちら → オンラインショップ

一老人

一老人高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみの会会員の本    前回更新2010-4-20 10:12    
ヒット数6165  コメント数5    
倉本朝世編『定金冬二句集 一老人』

川柳界の鬼才、定金冬二が晩年にたどり着いた
深く、強く、豊かな俗世界。
そこには技巧を頼りにせず、自分のからだで
探し当てたことばだけがあった。
頭の記憶ではなく、からだの記憶で書いたことば。
何の不思議もなく自然に集まってきたように見えて、
決して誰にも書けないことばの世界が。

  一老人 交尾の姿勢ならできる

  わたくしの通ったあとのすごい闇

  音たてて転べ誰かが見てくれる

  テッポウの音がしているくちびるよ

  沖を見たこともない瞳で人を見る

****************

この句集をご希望の方に差し上げます。
小社トップページ「お問い合わせ」より
「一老人希望」とお申し込みください。

小社では倉本朝世編『定金冬二句集 一老人』
の贈呈活動を通して「世界の子どもにワクチンを
日本委員会」http://www.jcv-jp.org/
への寄付を行なっています。
句集一冊贈呈ごとに160円ずつ積み立てて
寄付の費用に当てています。
ご協力よろしくお願いいたします。



1 番~ 9 番を表示 (全 9 枚)



あざみエージェントの本
あざみの会会員の本