azmiagent.com

メインメニュー
オンラインショップ

あざみ通信
グッズ販売
あざみエージ... (2017-10-29)
あざみエージ...
トピックス

アルバムトップ : admini Total:37

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: タイトル (A → Z)

1 番~ 10 番を表示 (全 37 枚)(1) 2 3 4 »



 平井美智子句集『なみだがとまるまで』

平井美智子句集『なみだがとまるまで』高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみエージェントの本    前回更新2014-4-1 8:38    
ヒット数3435  コメント数0    
師・時実新子が選んで下さった句と、その時々にいただいた

大切な句評を入れる美しい箱が欲しいと常々思っていました。

          (あとがき・「ジュエリーボックス」より)

著者・平井美智子にとって師・時実新子が選句・講評した作品として

特別な思いのある川柳を集めた宝石箱。時実新子による句評と

藤田めぐみの写真が平井美智子の川柳に寄り添い、その世界に深さと

広がりをもたらし、さらに新しいイメージを付け加える。

三者それぞれの世界が出会うことの相乗効果によって読み応えのある

宝石箱のような句集になった。

  今日もまた五分待たせて春の恋

  「ぞうさん」を唄う涙が止まるまで

  青い梅齧るいけない舌になる

  鳥だから飛べるだなんて決めないで

  わあわあと泣いて息子を困らせる

*****************

平井美智子句集『なみだがとまるまで』

体裁:A5変形・ソフトカバー・110ページ
発行:あざみエージェント
定価:1,600円+税

ご購入はこちら→オンラインショップ

『川柳句集 3・11』

『川柳句集 3・11』高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみエージェントの本    前回更新2012-6-7 7:52    
ヒット数7732  コメント数14    
昨年7~8月にかけてインターネットを中心に募集され、賛同して集まった51名の
川柳と短文を収録。被災地と非被災地、それぞれの「思い」が幅広い内容のアンソロ
ジーになった。       

 『口開けて震えるビルをただ見つめ』(毛利由美・茨城県)

 『この夏も蝉は無心に鳴いている』(丸山進・愛知県)

 『明日のため今をしっかり呼吸する』(船水柳平・青森県)

                  
                     (5・7・5で3・11を残す会より)


*********************

『川柳句集 3・11』 「5・7・5で3・11を残す会」編

体裁 : A5判・ソフトカバー・112ページ
制作 : 5.7・5で3・11を残す会
発売元: あざみエージェント
定価 : 500円(税込)  

ご購入はこち→オンラインショップ

【あざみエージェントより一言】

この句集の売り上げは震災復興のため寄付されます。
5・7・5に込められた震災についての、そしてこれからへの希望を
たくさんの方に読んでいただき一緒に復興への思いを共有して
いただければ嬉しいです。

しろつめ あきこ句集『やさしい雨』

しろつめ あきこ句集『やさしい雨』高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみエージェントの本    前回更新2014-6-28 18:50    
ヒット数1635  コメント数0    
あざみエージェントでは、バッグに入れて持ち歩ける文庫サイズの
フォト句集を企画いたしました。
しろつめあきこ句集『やさしい雨』がその出発の一冊目です。
優しくしなやかな文庫サイズのしろつめさんに出会ってください。


  ひらひらと空の駅からくる便り

  眠れない夜をほどいて渡る川

  想う人にやさしい雨を告げている

  南へ行きましょう終わりにしましょう

  本物になったね散っていくんだね

  ありがとう何も決まっていない明日

  いいんだよ新しい君立ち上がれ

********

あざみエージェントミニ句集シリーズ1
しろつめあきこ句集『やさしい雨』

体裁 A6判、並製本、フルカラー、40ページ
発行 あざみエージェント
定価 1,000円+税
  

ご注文はこちらから → オンラインショップ

ミニ句集シリーズのお問い合わせは「お問合せ窓口」まで


久保田紺句集銀色の楽園

久保田紺句集銀色の楽園高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみエージェントの本    前回更新2010-4-15 12:55    
ヒット数7620  コメント数20    
そっと持つ 私のものでないらしい

濡れている 私の左君の右

怒らせてしゃんと立たせているいのち

いらないから大切だから置いてゆく

ありがとうと言ったらさようならになる

。。。。。。。。。。。。。。。。

久保田紺のことばは、ひかりを受けてかがやく

銀色のしずくのようだ。強がっていても、悪態をついても、

彼女の川柳はどこかしずかで、透明で、凛としたそのたたずまいは

磨かれた銀のスプーンのようでもある。

そのスプーンですくい取った銀色のことばたちの創りだした楽園は、

読み手のまなざしによって更なるひかりを生みだすだろう。

願わくば、多くのまなざしがこの美しい楽園に注がれんことを。

。。。。。。。。。。。。。。。。
久保田紺句集『銀色の楽園』

B6変形判・ソフトカバー・68ページ
発行: あざみエージェント
定価: 1,000円 + 税 →オンラインショップ

今井和子句集『象と出会って』

今井和子句集『象と出会って』高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみエージェントの本    前回更新2014-11-1 11:48    
ヒット数1854  コメント数0    
川柳家・今井和子の第一句集。
今井の妹・大谷栄子がライフワークにしているさまざまな螺旋の絵との
コラボレーションが楽しい。
こころのままにまるでフリーハンドで描かれたような姉妹のことばと絵。
五・七・五の器からどんどんひろがっていくことばの世界は
読み手にある種の癒しと希望をもたらす。
こだわらないこと、とらわれないこと。
句集に収められたことばたちは、みんなとても喜んでいるように見える。

  母のうた風になってる手こぎ舟

  投げてみてくださいもっと弾みます

  螺旋を描く 象と出会って太くかく

  教科書のちょっと向こうの話です

  絵のような字のような あなたのような

  これからの紐をそーっと引いてみる



********

今井和子句集『象と出会って』


体裁 四六判、並製本、132ページ
発行 あざみエージェント
定価 1,600円+税


ご注文はこちらから → オンラインショップ 

佐久間京子句集『無伴奏ソナタ』

佐久間京子句集『無伴奏ソナタ』高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみエージェントの本    前回更新2014-9-17 8:21    
ヒット数1784  コメント数0    
文庫サイズのミニ句集シリーズ三冊目。
川柳家・佐久間京子さんが奏でる大人のラブストーリー。
出会いと別れをくぐりぬけながら女は美しい羽に磨きをかける。
新しい空を飛ぶための翼の手入れを怠らない。
この空の向うには未だ見ぬラブストーリーが待っている。


  神様にもらった羽で街に出る

  無伴奏ソナタが響く夜のこと

  引き潮に手放す青いイヤリング

  許そうとしている渋谷交差点

  皮ジャンの男を追って風の中

  冬薔薇のように待ち続ける言葉



********

あざみエージェントミニ句集シリーズ3
佐久間京子句集『無伴奏ソナタ』


体裁 A6判、並製本、フルカラー、40ページ
発行 あざみエージェント
定価 1,000円+税

ご注文はこちらから → オンラインショップ

佐藤みさ子句集

佐藤みさ子句集高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみエージェントの本    前回更新2010-3-5 14:06    
ヒット数5735  コメント数15    
うたうたうくちのかたちをうたがわず

さびしくはないか味方に囲まれて

たすけてくださいと自分を呼びにゆく

バラバラに壊れた「これは夢だもの」

まだ来ない痛みを待っているような

。。。。。。。。。。。。。。。。

佐藤みさ子の川柳の底にはさびしさがある。
それはこの世に生を受けたものすべてが
根源的にまとっているさびしさだ。
さびしいたましいは、そのさびしさゆえに
呼びあい求めあうが、時には互いを傷つけて
さらに深い孤独とかなしみを抱え込む。
ここに書かれているのは、「佐藤みさ子」と
名づけられたひとつのたましいが、
時間と空間の荒野にじっと立ちながら、
自分を通過してゆくものたちを
その澄んだまっすぐな眼差しで見つめ、
写し取ってできあがった、いわば、
たましいの見聞録である。
                (倉本朝世)

。。。。。。。。。。。。。。。。

佐藤みさ子句集『呼びにゆく』

四六判・ハードカバー・120ページ
発行: あざみエージェント
定価: 1,800円 + 税→オンラインショップ

佐藤幸子句集『ブリキの夜汽車』

佐藤幸子句集『ブリキの夜汽車』高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみエージェントの本    前回更新2014-8-14 13:33    
ヒット数2142  コメント数0    
川柳家・佐藤幸子の第二句集。
川柳とともに強くしなやかに生きてきた著者のことばは
深く胸を打つ。厳しい環境の中でも負けない強さと厳しさに加え、
天性の明るさとユーモアがとてもいいハーモニーを奏でる。


 ふわっと骨折水の流れに逆らえず

 転ばずに渡らん下駄は津軽塗り

 黄砂きてむんずと掴むうしろ髪

 その時はその時鳥の声で鳴く

 口論をしながら四股を踏みながら

 しんがりを歩くだぁれも邪魔しない

 前例がないので川は蛇行する

 いずくより何処へ旅の黒すみれ

 生きてゆく時々潮を吹きながら

 未開地へ踏み入る腰を低くして

********

佐藤幸子句集『ブリキの夜汽車』


体裁 四六判、並製本、88ページ
発行 あざみエージェント
定価 1,300円+税

ご注文はこちらから →  オンラインショップ

八木千代句集『椿抄』  (あざみエージェント百句シリーズ第五回)

八木千代句集『椿抄』  (あざみエージェント百句シリーズ第五回)高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみエージェントの本    前回更新2012-6-30 12:59    
ヒット数4093  コメント数14    
伝説の川柳句集『椿守』から十三年。
『椿守』収録の九十三句に新たに未収録の七句を加え、
八木千代句集『椿抄』を本日発行いたします。


木の机 鳥の匂いがしてならぬ

書きすぎぬように大事なひとに書く

笹に吊すあさきゆめみしゑひもすと

桃の木の向うのひと世ふた世かな

稜線で逢うお互いの馬連れて

われは雁 月の真上を渡るなり

桟敷から鬼が総見してくれる

舞台に雪降る 積もらせはしない

レパートリーはふたつ 咲くこと落ちること

椿 私かも男かも仏かも

ありのまま流れる とてもいいきもち


******************

八木千代句集『椿抄』

四六変形判・ソフトカバー・68ページ
発行 : あざみエージェント
定価 : 1,000円+税
オンラインショップ

内田真理子句集『ゆくりなく』

内田真理子句集『ゆくりなく』高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   カテゴリーあざみエージェントの本    前回更新2011-3-21 8:53    
ヒット数6514  コメント数11    
くちびるがはみだしてゆく地平線

駅をめくればうっすら雨月物語

二の腕をすこし撓めて湾になる

ゆくりなく斜めの線とすれちがう

手はやがて森に育ってゆくきざし

。。。。。。。。。。。。。。。。

人が一生のうちでめぐりあえる人、触れることのできる世界は限られている。
けれども出会うことは気づくことでもある。気づくことで人は無限の世界を知る。
内田真理子は、時には軋む世界と向き合い、折り合いをつけ、受け入れ、
またある時にはやすらぎの世界に包まれ、なぐさめられ、いやされている自分自身を
見つめつづけてきた。
句集の扉をひらくとき、そこには彼女がゆくりなく(思いがけなく)出会い
気づくことによって始まった、回復と再生と可能性の物語がひろがっている。

。。。。。。。。。。。。。。。。

内田真理子句集『ゆくりなく』

B6変形判・ソフトカバー・68ページ
発行: あざみエージェント
定価: 1,000円 + 税 →オンラインショップ

1 番~ 10 番を表示 (全 37 枚)(1) 2 3 4 »



あざみエージェントの本
あざみの会会員の本