azmiagent.com

メインメニュー
オンラインショップ

あざみ通信
グッズ販売
あざみエージ... (2016-12-22)
あざみエージ...
トピックス

アルバムトップ : あざみエージェントの本 :  竹井紫乙句集『白百合亭日常』   ジャンル:川柳

[<     6  7  8  9  10  11  12     >]

竹井紫乙句集『白百合亭日常』   ジャンル:川柳
竹井紫乙句集『白百合亭日常』   ジャンル:川柳高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   前回更新2015-10-11 10:44    
ヒット数1561  コメント数0    
 どう言えばいいのか空が曇ってる

   音も無く転ぶ祭の真ん中で

   私より高い所に奈良の鹿

   世界中ゆらゆらにする装置買う

   嘘ばかり書いた手帳を持ち歩く

   烙印を押されるように誕生日   

   

川柳家・竹井紫乙の第二句集。
紫乙川柳の個性を、気鋭の歌人であり川柳家でもある柳本々々が
鮮やかに浮かび上がらせる「あとがき」も必読。
「読み始めて、ゆらゆらしているなと思った。
ここは、ゆらゆらの王国だと。(中略)生きるということは、
そもそもゆれながらも、そのアクロバティックな〈平凡さ〉を
生き抜くことに他ならないではないか ー」
(「ゆらゆらの王国 ―あとがきは、ない―」より)

******

体裁:B6判・並製本・128頁
発行:あざみエージェント
定価:1,200円+税

ご購入はこちらから→オンラインショップ 

[<     6  7  8  9  10  11  12     >]



あざみエージェントの本
あざみの会会員の本