azmiagent.com

メインメニュー
オンラインショップ

あざみ通信
グッズ販売
あざみエージ... (2017-10-29)
あざみエージ...
トピックス

アルバムトップ : あざみエージェントの本 :  田村ひろ子句集『夢のしっぽ』

[<     30  31  32  33  34  35  36     >]

田村ひろ子句集『夢のしっぽ』
田村ひろ子句集『夢のしっぽ』高ヒット
投稿者adminiadmini さんの画像をもっと!   前回更新2012-10-16 8:04    
ヒット数5333  コメント数19    
八方に延びて浮き藻の淋しさよ

  忘れゆくことができます春の白

  待つだけの毎日だったバナナの黄

  哭いて哭いて哭いて雨上がりの虹

  まぶしさに慣れればただの向こう岸

  象だってもっと大きくなりたいさ

  トンネルを抜けようタンポポを摘もう

  ほらそこに夢のしっぽが光ってる
  

一本の道がある。
それはひろ子にしか見えない道だった。
まっすぐに伸びるその道を、彼女は前だけを向いて歩いてきた。
強い風の日も、雨が降り続く日も、大きな荷物が肩に食い込んでも、
背筋をぴんと伸ばしてしなやかに、今も歩き続けている。
一本の光の道がある。
それはひろ子だけの約束の道だった。
信じることでしか見つけられない夢のしっぽが、今もその道の
向こうで彼女を待っている。

************

田村ひろ子句集『夢のしっぽ』

四六変形判・ソフトカバー・68ページ
発行 : あざみエージェント
定価 : 1,000円+税

 ご注文はこちらから→オンラインショップ

[<     30  31  32  33  34  35  36     >]



あざみエージェントの本
あざみの会会員の本