azmiagent.com

メインメニュー
オンラインショップ

あざみ通信
グッズ販売
あざみエージ... (2016-12-22)
あざみエージ...
トピックス
投稿者 : admini 投稿日時: 2016-12-22 (95 ヒット)

あざみエージェントオリジナルカレンダー2017(平成29年) 

ご好評いただきまして昨日、完売いたしました。

たくさんのお買上いただき心よりお礼申し上げます。

写真家・藤田めぐみさんの写真によるカレンダーは今回で

終了となります。

尚、2018年カレンダーにつきましては今のところ制作予定は

ございません。

あざみエージェントオリジナルカレンダーをご愛用いただきまして

ありがとうございました。


投稿者 : admini 投稿日時: 2016-11-08 (224 ヒット)

あざみエージェントオリジナルカレンダー2017(平成29年)

1 価格 864円(税込)           
2 体裁 サイズ: 縦17cm×横23cm(卓上・壁掛け両用)
          (カレンダー部分は縦14cm×横23cm)


【 カ レ ン ダ ー 参 加 者 一 覧 】(敬称略)

濱山哲也(1月)・街中悠(2月)・森中惠美子(3月)・西端康孝(4月)
吉田健治(5月)・吉田州花(6月)・細川不凍(7月)・楢崎進弘(8月)
新藤孝廣(9月)・谷口慎也(10月)・村井見也子(11月)・平尾正人(12月)


 ご注文はこちらから →オンラインショップ入口


投稿者 : admini 投稿日時: 2016-10-09 (1253 ヒット)

川柳家・岩田多佳子の第一句集。「木の章」「林の章」「森の章」に分かれ、
「その森では次々と不思議なことが起こっている。(中略)<主題のネットワーク>
としての<木/林/森の生態系>」と柳本々々氏が跋文で書かれているように、
ことば同士が絡み合い、増殖し、シュールに蠢きつづける魅力的な異世界が
展開されている。

  喉の奥から父方の鹿 顔を出す

  いちにちの広さコンニャクひとつ分

  エンジンのかかったままの木が並ぶ

  アフリカのもしもが燃えている箪笥

  ステンレスの集中力に触れている

*******

B6判・並製本・134頁
定価:1,500円 + 税 


ご購入はこちらから → オンラインショップ入口   


投稿者 : admini 投稿日時: 2016-10-09 (230 ヒット)

在庫切れになっておりました竹井紫乙句集『ひよこ』、
再入荷しました。
お客様にはご不便をおかけしましたが、
本日より販売を再開いたします。


投稿者 : admini 投稿日時: 2016-09-24 (250 ヒット)

会員誌「あざみ通信」№17


もくじ

あざみエージェント新刊案内        2

あざみエージェント刊行予定        3

HAGA LINE
「縁起絵巻」      芳賀博子     4

おしゃべりな原っぱ
会員エッセー6「すずめ」樹萄らき     6

追悼・青空書房さかもとけんいちさん    8

連載エッセイ・青空書房の青空
「死に損ない そして 生きぞこない」   9

イラストレーターひやまちさと
日々のあれこれ             13

やぎもともともとの
ゆらゆら絵川柳3    柳本々々    14

編集人のちっちゃなつぶやき       15

編集後記                16


投稿者 : admini 投稿日時: 2016-08-10 (376 ヒット)

川合大祐川柳句集『スロー・リバー』


川柳界の若き旗手・川合大祐の第一句集。
時空を超えたところに浮かぶ川柳の近未来都市のような場所で
川合大祐はあらゆる事象を自身の表現形式へと呼び込みながら、
じっと静かに私たちの到着を待っているのかもしれない。
スロー・リバーは意欲作・実験作を包摂しつつ見たこともない
国へとゆっくりと流れ続ける。

  (目を)(ひらけ)(世界は)たぶん(うつくしい)
   「『戦争と平和』?(たたかう)〈五目丼〉」
   同心円みんなさみしくなりなさい
   春続くキタノブルーに飛翔体
   燃える町過去はいつまで過去なのか
   瓶詰の天国ならぶ忌忌忌忌忌
   バス走る力士その他が住む町へ
   だから、ねえ、祈っているよ、それだけだ、

**********************

四六判・並製本・98頁
定価:1,000円(税込)

ご購入はこちらから →  オンラインショップ入口  


投稿者 : admini 投稿日時: 2016-04-15 (651 ヒット)

川柳塔の編集長、木本朱夏監修の川柳、エッセイ、写真、イラストで紡ぐ
猫好きさんに贈る一冊です。
愛猫家で知られる小説家・有栖川有栖の書き下ろしエッセイ収録。
文庫本サイズなので、バッグに入れていつでもどこにでも。
あなたのお気に入りの「猫」を見つけてください。

  雨の日に家の前で鳴いている子猫を
  「一泊していけ」と招き入れたのが
  猫のいる人生の始まり。
             有栖川有栖「猫たちの命名」より


********

A6判・並製本・116頁
定価:1,000円+税

ご購入はこちらから→ オンラインショップ  


投稿者 : admini 投稿日時: 2016-04-01 (334 ヒット)

江口久路第二詩集『遮光の亀裂』

 
江口久路の『辺縁系の葬列』につづく第二詩集。
3・11から5年。失った表現をひとつひとつ拾い集め
取り戻してゆく日々。あの日消えた命と生活。
いじめ、虐待、自傷、家族崩壊。
生きてあることの意味、命の尊厳と深遠を、
透徹した視点をもって見詰め寄り添う中から生み出された詩篇。
人間のもつ弱さ、醜さ、異形性、それゆえの深い悲しみが
心の奥底を揺さぶる。


****

A5判・並製本・132頁
定価: 2,000円+税

   ご購入はこちらから → オンラインショップ  


投稿者 : admini 投稿日時: 2016-04-01 (779 ヒット)

野間幸恵句集『WATER WAX』

『ステンレス戦車』『WOMAN』に続く野間幸恵の第三句集。
序文を俳人・筑網耕平、あとがきを歌人で川柳家の柳本々々が担当。
おしゃれなスケッチブックスタイルとポップな横書き俳句を味方に、
野間ワールドの魅力満載な句集。

  耳の奥でジャマイカが濡れている

  霧ひとつ水ひとつ置く誕生日

  尽きぬこと遅れぬことを阿修羅から

  粥のなか鳥のかたちを満ちていく

  この世でもあの世でもなく耳の水


******

B6横長・並製本・132頁
定価: 1,500円+税

  ご購入はこちらから →オンラインショップ  


投稿者 : admini 投稿日時: 2016-04-01 (405 ヒット)

会員誌「あざみ通信」№16発行しました。

 もくじ

あざみエージェント新刊案内・2

会員のことばと出会おう9 久保田紺・4

HAGA LINE 「断食」 芳賀博子・6

おしゃべりな原っぱ
会員エッセー5「初詣」 樹萄らき・8

会員特別招待作品「前田先生」 斎藤良子・10

CHIEKO VS SENRYU 2 ・12

ひやまちさとのスケッチブック3 ・13

やぎもともともとのゆらゆら絵川柳 柳本々々・14

イベント情報/編集人のちっちゃなつぶやき ・15


(1) 2 3 4 ... 12 »
あざみエージェントの本
あざみの会会員の本