azmiagent.com

メインメニュー
オンラインショップ

あざみ通信
グッズ販売
あざみエージ... (2017-10-29)
あざみエージ...
トピックス
投稿者 : admini 投稿日時: 2015-10-11 (895 ヒット)

川柳家・竹井紫乙の第二句集。
紫乙川柳の個性を、気鋭の歌人であり川柳家でもある
柳本々々が鮮やかに浮かび上がらせる「あとがき」も必読。
「読み始めて、ゆらゆらしているなと思った。
ここは、ゆらゆらの王国だと。(中略)生きるということは、
そもそもゆれながらも、そのアクロバティックな〈平凡さ〉を
生き抜くことに他ならないではないか ー」
(「ゆらゆらの王国 ―あとがきは、ない―」より)

   どう言えばいいのか空が曇ってる

   音も無く転ぶ祭の真ん中で

   私より高い所に奈良の鹿

   世界中ゆらゆらにする装置買う

   噓ばかり書いた手帳を持ち歩く

   烙印を押されるように誕生日 


******

体裁:B6判・並製本・128頁
発行:あざみエージェント
定価:1,200円+税

ご注文はこちら→オンラインショップ  


投稿者 : admini 投稿日時: 2015-10-11 (443 ヒット)

川柳家・熊谷美智子の第二句集。
悲哀・諦観・喜び・愛・覇気・ユーモア・自然体…。
八つの抽斗から覗くひとりの川柳家の姿は多面体。
生き方の厚味と深さはそのひとつひとつが魅力的な
結晶となって読者に差し出される。
「夢や空想の詰まった抽斗には、秘密の時間がひっそりと眠っている」
(跋文・札幌川柳社主幹 岡崎守)


肩寄せていつも淋しい皿二枚

おもいこみ激しい同士レモン噛む

泣きながら渡る切り絵の中の橋

キッチンの隅から覗くダリの抽斗

くり返す挫折のうらのさくらさくら

たっぷりの修正液と夕焼ける


******

体裁:四六判・並製本・140頁
発行:あざみエージェント
定価:1,300円+税

ご注文はこちら →オンラインショップ 


投稿者 : admini 投稿日時: 2015-10-05 (554 ヒット)

あざみエージェントオリジナルカレンダー、今年も販売します。
あざみの会会員の皆様の作品と写真家藤田めぐみの
コラボレーションカレンダーです。


【 カ レ ン ダ ー 参 加 者 一 覧 】(敬称略)

德永政二(1月)・峯裕見子(2月)・澤野優美子(3月)・柴田美都(4月)
佐藤みさ子(5月)・豊島文香(6月)・泉明日香(7月)・松山芳生(8月)
佐久間京子(9月)・悠とし子(10月)・佐藤幸子(11月)・山口亜都子(12月)


*********

価格:     864円(税込)           

体裁/サイズ: 縦17cm×横23cm(卓上・壁掛け両用)
        (カレンダー部分は縦14cm×横23cm)


ご注文はこちら→オンラインショップ 



投稿者 : admini 投稿日時: 2015-10-01 (445 ヒット)

会員誌「あざみ通信」№15

【もくじ】

あざみエージェントの新刊       2

あざみエージェント2015年     5
下半期刊行スケジュール      

あざみ野が見える窓
会員のことばと出会おう8 松本修司  6

HAGA LINE
「腕時計}        芳賀博子  8

連載エッセイ・青空書房の青空
「わたしの女神さまざま」 坂本健一 10

ひやまちさとのスケッチブック2   13

やぎもともともとのゆらゆら絵川柳1 
             柳本々々 14

あざみエージェント今後の刊行予定  
編集人のちっちゃなつぶやき     15

編集後記              16


投稿者 : admini 投稿日時: 2015-09-15 (497 ヒット)

在庫切れとなっていました竹井紫乙句集『ひよこ』が
再入荷しました。
お待ちいただいておりましたお客様にはご迷惑を
おかけして申し訳ございませんでした。


投稿者 : admini 投稿日時: 2015-09-15 (444 ヒット)

松本衆司さんの詩集『涙腺の蟻』の委託販売を開始します。

*******

松本衆司の第八詩集。
表題の「涙腺の蟻」を含む詩・25編を収録。
人生には、少し歩みをゆるめて自分自身を
見詰めなおす時期が必ずある。
生きてあることの意味をおだやかにやさしく
問いかけてくる詩篇に、読者も秋の陽ざしの
中でしばし立ち止まる。

************
A5判・並製本・112ページ
発行・ひかり企画
定価・1,700円 + 税 


ご購入はこちら →オンラインショップ 


投稿者 : admini 投稿日時: 2015-09-15 (385 ヒット)

竹井紫乙句集『ひよこ』が現在在庫切れと
なっております。
近日中に再入荷予定ですので、しばらく
お待ちください。
お客様にはご不便をおかけしますことを
お詫び申し上げます。


投稿者 : admini 投稿日時: 2015-08-04 (471 ヒット)

先日来、在庫切れになっておりました西郷かの女句集『冬の陽炎』を

このたび限定5冊追加販売いたします。

なくなり次第完売となりますのでご了承ください。


投稿者 : admini 投稿日時: 2015-06-25 (906 ヒット)

俳人・松本恭子が第三句集『花陰』と二冊目のエッセイ集『ちぎれそうなりんごの皮の夜祭り』を同時に刊行した。
第二句集『夜の鹿』から16年、句境は更に磨きこまれ深まりをみせる。
同時に刊行したエッセイ集は1991年から昨年まで、新聞・雑誌・俳句誌など
に発表したエッセイや詩に加え、今回のエッセイ集のための書き下ろし作品など54編を収録した。


 胸濡らす中国民謡黒金魚

  夢に見し胎児のかたち牡丹雪

 アネモネの夜の奥のそのまた奥

 一匹の蜥蜴花陰で泣くらしき

 薔薇色に肉は積まれし詞華のごと


人のいのちの心の世界の、なんと豪華な神秘で充たされていることか。
俳句という深淵は、そこへパカリとひらいて、おそろしく、由に、美しい。
(あとがきより)

*******

◆松本恭子句集『花陰』

四六判・上製本・128ページ
発行 : あざみエージェント
定価 : 1,600円 + 税 


◆松本恭子エッセイ集『ちぎれそうなりんごの皮の夜祭り』

四六判・並製本・210ページ
発行 : あざみエージェント
定価 : 1,800円 + 税


ご購入はこちら → オンラインショップ 


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 12 »
あざみエージェントの本
あざみの会会員の本