azmiagent.com

メインメニュー
オンラインショップ

あざみ通信
グッズ販売
トピックス
投稿者 : admini 投稿日時: 2012-07-02 (2047 ヒット)

『川柳句集 3・11』につきましてはいちどきに

注文が集中いたしまして現在、在庫切れの状態に

なっております。今回は早めに発注をかけておりましたが、

商品が届くまでの間に早くも在庫が尽きてしまいました。

お客様にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、

入荷まで今しばらくお待ちください。

入荷次第、オンラインショップを再開いたしますので、

どうぞご理解のうえ、ご容赦ください。


投稿者 : admini 投稿日時: 2012-06-30 (1740 ヒット)

伝説の川柳句集『椿守』から十三年。
『椿守』収録の九十三句に新たに未収録の七句を加え、
八木千代句集『椿抄』を本日発行いたします。

  木の机 鳥の匂いがしてならぬ

  書きすぎぬように大事なひとに書く

  笹に吊すあさきゆめみしゑひもすと

  桃の木の向うのひと世ふた世かな

  稜線で逢うお互いの馬連れて

  われは雁 月の真上を渡るなり

  枯れ野にも小さな弓は負うてゆく

  舞台に雪降る 積もらせはしない

  レパートリーはふたつ 咲くこと落ちること

  椿 私かも男かも仏かも

ありのまま流れる とてもいいきもち


******************

八木千代句集『椿抄』

四六変形判・ソフトカバー・68ページ
発行 : あざみエージェント
定価 : 1,050円(税込)

ご購入はこちら→オンラインショップ 


投稿者 : admini 投稿日時: 2012-06-30 (927 ヒット)

イラストレーターひやまちさとさんによる3種類の
絵葉書ができました。
a あざみの花と少女
b 本を読む少女
c 本とこどもたち
ほっこりやさしいちさとワールドは文字との相性も抜群。
プレゼントにも最適です。

【ひとこと】
書籍のご注文と一緒にして、オンラインショッピングをお得に
お楽しみください。(オンラインショップでは2,500円以上
お買い上げで 送料が無料となります)

*************

あざみエージェントオリジナルはがき
一枚 100円
ご購入はこちら→オンラインショップ


投稿者 : admini 投稿日時: 2012-06-22 (998 ヒット)

お待たせしました。

『川柳句集 3・11』本日再入荷しました。

オンラインショップを再開しますので

ご利用よろしくお願いいたします。


投稿者 : admini 投稿日時: 2012-06-20 (1186 ヒット)

ご好評いただいております『川柳句集 3・11』

「5・7・5で3・11を残す会」編ですが、

本日在庫がなくなりました。

句集が入荷次第、販売を再開いたします

ので2,3日お待ちください。

ご迷惑をおかけして申し訳ありません。


投稿者 : admini 投稿日時: 2012-06-06 (1174 ヒット)

『川柳句集 3・11』 「5・7・5で3・11を残す会」編

 

昨年7~8月にかけてインターネットを中心に募集され、賛同して集まった
51名の川柳と短文を収録。
被災地と非被災地、それぞれの「思い」が幅広い内容のアンソロジーになった。       

 『口開けて震えるビルをただ見つめ』(毛利由美・茨城県)

 『この夏も蝉は無心に鳴いている』(丸山進・愛知県)  
                  
                  (5・7・5で3・11を残す会より)


*********************

『川柳句集 3・11』 「5・7・5で3・11を残す会」編

体裁 : A5判・ソフトカバー・112ページ
制作 : 5.7・5で3・11を残す会
発売元: あざみエージェント
定価 : 500円(税込)  


【あざみエージェントより一言】
この句集の売り上げは震災復興のため寄付されます。
5・7・5に込められた震災についての思い、そしてこれからへの希望を
たくさんの方に読んでいただき一緒に復興への願いを共有して
いただければ嬉しいです。

ご購入はこちら→オンラインショップ


投稿者 : admini 投稿日時: 2012-04-12 (1430 ヒット)

豊島文香句集『愛惜』

断崖を背に、波打ち際まで軒を連ねる漁村に生まれ、
いつかこの村を出て行こうとずっと思っていました。
そして今、取り壊される刻を待つ主亡き生家が、陸奥
湾の夕日に染められています。その光景は、愛惜の念と
なり、生涯消えることはないでしょう。
                  (豊島文香)


浜痩せて枯れはまなすの骨を焚く

さくらさくらひとひらごとの果たし状

遠目にはおだやか過ぎる海だった

世間体という哀しき昼花火

あるはずの桔梗の郷はどこですか

月光の真下に浮かぶ方舟よ


******************

豊島文香句集『愛惜』

B6判・ハードカバー・116ページ
発行 : 柳都川柳社 2009年刊
頒価 : 1,200円(税込)


投稿者 : admini 投稿日時: 2012-03-10 (1703 ヒット)

青森県在住の川柳家・松山芳生氏の句集『夢』を
本日発行しました。

少年の眠りの中へもぐる橇

かたちにはできないものへたちすくむ

栄光も汚名もやがて瘤になる

爆弾になれず花火になりました

燈籠流し点になるまで語り合う

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

津軽の地にしっかりと足を着けたひとりの男・松山芳生の
ゆるがぬ視線とひたむきな想いで綴る渾身の句集。
亡き父母のこと、亡き最愛の妻のこと、子供・孫への想い。
さらには自分自身を、そして命そのものを見つめるまなざしは
どこまでも優しくあたたかい。磊落さと繊細さをあわせもつ作品群は
句集に豊かな味わいと奥行きをもたらす大きな河の流れのようだ。
随所に配された著者の手による筆書きの句とエッセイも必読。

構成: 岩淵黙人
序文: 髙瀨霜石
跋文: 岩淵黙人

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

松山芳生句集『夢』

A5判・ソフトカバー・138ページ
発行 : あざみエージェント
定価 : 1,575円(1,500円+税)


投稿者 : admini 投稿日時: 2012-02-15 (2325 ヒット)

会員誌「あざみ通信」№8

もくじ

あざみエージェントの新刊案内 2

あざみエージェント今年の取り組み 4

あざみ野が見える窓 会員のことばとであおう2
 『椿守』20句  八木千代 6

青空書房の青空
いとほしきものよ (後半 さかもとけんいち  8

あざみが出会った人・山内令南 倉本朝世 12

Gallery AZAMI (会員の一句 vs Photo)14

ある日のブログ版・あざみ通信より 倉本朝世 15

編集後記 16


************

むさしさん撮影のあざみの写真、それから
今号では会員のお誕生日にプレゼントしている
フォトはがきをご紹介しました。
お楽しみいただければ嬉しいです。


投稿者 : admini 投稿日時: 2012-01-08 (990 ヒット)

徳永政二フォト句集1『カーブ』が1月8日(日)より

ジュンク堂書店京都店で販売を開始します。

文芸の詩歌関係は1Fの一番奥の本棚になります。


« 1 ... 8 9 10 (11) 12 13 14 »
あざみエージェントの本
あざみの会会員の本